『日本の沿岸を歩く』の記事一覧

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第43回 鯖街道の歴史を現代につなぐサバ養殖―福井・小浜

2020年10月15日グローバルネット2020年10月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 本記事は2021年1月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「フォーラム随想」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっ…[くわしく]

日本の沿岸を歩く~海幸と人と環境と第42回 干拓後に生き残ったカブトガニと漁業の今ー岡山・笠岡

2020年09月15日グローバルネット2020年9月号

ジャーナリスト吉田 光宏(よしだ みつひろ) 本記事は2020年12月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「USA発」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっていま…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第41回 北前船で栄えた港町 瀬戸の美味なタコが自慢 ―岡山・下津井

2020年08月18日グローバルネット2020年8月号

ジャーナリスト吉田 光宏(よしだ みつひろ) 本記事は2020年11月以降にWebへ掲載予定です。 現時点で閲覧可能となっている記事は、「フロント」、「環境ジャーナリストの会」、「環境の本」のみとなっています。 公開まで…[くわしく]

日本の沿岸を歩く~海幸と人と環境と第40回 アマモ場再生した日生の海で育つ絶品カキー岡山・備前

2020年07月15日グローバルネット2020年7月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ)   岡山市から東へ走って兵庫県との境に近い備前市日生町にやって来た。ブランドカキの養殖とアマモ場再生など環境対策で知られている。訪れた4月中旬は新型コロナウイルス…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第39回 歴史と伝統を誇る海人のソデイカ漁―沖縄・糸満

2020年06月15日グローバルネット2020年6月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 午前5時に目を覚まして那覇市の宿を出ると、南へ十数㎞離れた糸満漁港を目指した。漁港に到着したものの、広い港は真っ暗。あちこち迷いながら、ようやく地方卸売市場に到着し、糸満漁…[くわしく]

日本の沿岸を歩く~海幸と人と環境と第38回 モズクはきれいな海からの贈り物―沖縄 恩納村・うるま市 

2020年05月15日グローバルネット2020年5月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 「もずく酢」で親しまれているモズクは食物繊維「フコイダン」やカルシウムなどを豊富に含み、健康食品として根強い人気がある。海藻の一種であるモズクは日本の沿岸に広く分布するが、…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第37 回 クルマエビ養殖場にあるレストランが人気―沖縄・宜野座

2020年04月15日グローバルネット2020年4月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 沖縄に着いて2日目の早朝、北部の与那覇岳(よなはだけ)近くの宿から北端の辺戸岬(へどみさき)を訪れた。コバルトブルーの海や、やんばる国立公園内の亜熱帯の植生を見ながらBEG…[くわしく]

日本の沿岸を歩く~海幸と人と環境と第36回 わら焼きカツオのたたきのために農業も―高知・佐賀

2020年03月16日グローバルネット2020年3月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 土佐清水から東へ車を走らせ、太平洋沿いに高知市方面へ向かった。暗くなって着いたのは黒潮町佐賀地区にある漁家民宿「海生丸」(明神多紀子さん経営)。夕食に新鮮なカツオやアジの刺…[くわしく]

日本の沿岸を歩く―海幸と人と環境と第35回 カツオ漁でつながる宗田節とジョン万次郎―高知・土佐清水

2020年02月17日グローバルネット2020年2月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 高知県西端の柏島(前回取材)を出て、車は太平洋沿いの海岸線(国道321号線、愛称足摺サニーロード)を東に走った。大型の台風19号の接近で、山のような大波が寄せるのを横目に、…[くわしく]

日本の沿岸を歩く~海幸と人と環境と第34回 里海をミュージアムにする黒潮実感センター―高知・宿毛湾

2020年01月15日グローバルネット2020年1月号

ジャーナリスト 吉田 光宏(よしだ みつひろ) 高知県の西端にある宿毛市は、明治維新や終戦直後の内閣総理大臣吉田茂の実父竹内綱など多くの人材を輩出した。記念碑などが多くある市内を駆け足で巡った後、宿毛湾沿いを南へ大月町の…[くわしく]