『USA発サステナブル社会への道』の記事一覧

USA発サステナブル社会への道~NYから見たアメリカ最新事情第12回 米国パリ協定離脱の影響

2017年07月20日グローバルネット2017年7月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ 6月1日、トランプ大統領は、米国がパリ協定から離脱すると発表した。トランプ氏は、アメリカにとって有利な条件であれば再交渉の余地はあると述べたが、発表直後にドイツ、フラン…[くわしく]

USA発サステナブル社会への道 ~NYからみたアメリカ最新事情第9回/トランプ政権による米連邦気候変動対策への影響

2017年01月15日グローバルネット2017年1月号

FBCサステナブルソリューションズ代表 田中 めぐみ(たなか めぐみ) 1月20日、トランプ政権が発足する。ブッシュ(子)政権時代の2007年以来、10年ぶりにホワイトハウスと上下両院すべてが共和党となる。これにより、現…[くわしく]

USA発 サステナブル社会への道 ~NYからみたアメリカ最新事情第8回/米国の食品廃棄物削減に関する取り組み

2016年11月15日グローバルネット2016年11月号

近年、米国では企業による食品廃棄物削減に関する取り組みが増えている。その要因として、世界的にも米国内でも食品ロスによる環境・社会問題に注目が集まっていること、カリフォルニア州やシアトル市、ニューヨーク市など多くの州や自治体が事業系食品廃棄物の埋め立て・焼却を禁止し、堆肥やエネルギーへの再生利用を義務化し始めていること、また、米国環境保護庁と農務省が昨年、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に準ずる形で2030年までに食品ロスを半減する目標を設定し、企業や組織に参画を促していることなどが挙げられる。…[くわしく]

USA発 サステナブル社会への道 ~NYからみたアメリカ最新事情第5回/揺れ始めた、米クリーンパワープランの行方

2016年03月15日グローバルネット2016年3月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ(たなか めぐみ) 本誌1月号にて、パリ協定成立後のアメリカの動向をお伝えしたが、その後、協定の遂行を阻む大きな問題が発生した。目標達成の要である発電所の排出規制策「クリ…[くわしく]

USA発 サステナブル社会への道~NYからみたアメリカ最新事情第4回/パリ協定成立後のアメリカの動向

2016年01月15日グローバルネット2016年1月号

FBCサステナブルソリューションズ代表田中 めぐみ(たなか めぐみ) 本誌の昨年11月号で、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)直前のアメリカの気候変動対策に関する動向を紹介したが、会期中からパリ協定成立後に…[くわしく]