サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)

NSCロゴサステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(Network for Sustainability Communication 略称「NSC」)は、1998年6月に環境報告書の普及と質の向上、環境コミュニケーションの発展を図るために事業者、NGO、学識者を会員に環境報告書ネットワーク(Network for Environmental Reporting 略称「NER」)として設立されました。

設立後、報告書の内容を環境側面ばかりではなく、CSR(企業の社会的責任)や持続可能性といった社会側面に拡大しようとする取り組みが年々増加しつつあることに対応して、2004年10月より名称をNSCへと変更しました。現在は環境報告だけでなく、さまざまなサステナビリティ・コミュニケーションに関する研究・情報発信を行っており、約100の事業者、NGO、学識者が会員として参加しています。

地球・人間環境フォーラムは、このNSCの事務局を1999年8月より務めており、各部会の下での研究活動、最新の事例や情報を提供するための定例会・シンポジウムの開催、ニュースレターの発行等を行っています。

研究活動

NSCでは、NSC会員から研究テーマを募り、研究テーマごとにチームを編成して研究活動を行っています。

定例会

会員に向けて、環境やCSRに関する国内外の最新動向や先進的取り組み等の情報を提供しています。定例会に参加することで、会員はそうした動向を自らの実務に反映させるための、さまざまなヒントを得ることができます。

次回の会合

「これからの環境CSR・環境報告書」

日時:2017年6月2日(金)

詳細はこちら

終了会合

NSC勉強会「第3回 中長期のCO2排出量削減目標設定企業事例報告」

シンポジウム

サステナビリティ・コミュニケーションをめぐる最新動向などをテーマに、年1回シンポジウムを開催しています。シンポジウムでは、講演やパネルディスカッションを通して、最新の関連情報が入手できます。

ニュースレター

NSCの活動状況等を会員に伝えるため、2ヵ月に1回、地球・人間環境フォーラムが発行している月刊誌『グローバルネット』内に記事を掲載し、会員に送付しています。

作成日:2017年02月01日 12時15分
更新日:2017年04月24日 12時10分